利用手順

 MZプラットフォームをご利用いただくには、平成25年度までは、FAXでお申し込みいただき、インストールCDとしてMZプラットフォームをご入手いただいておりましたが、平成26年7月1日より、入手方法が以下のように変更になりました。

1.当サイトへ会員登録プログラム使用等同意書にご同意いただいた後、
(「新規会員登録」ページより手続可。無料。)

※会員登録は、初回1度のみのお手続きで結構です。
※平成26年6月30日以前にMZプラットフォーム研究会に入会されている会員様は、当方にて会員登録を行っておりますので、「1.」のお手続きは不要です。

2.当サイトへログインし、「MZプラットフォームのダウンロード」ページ
より、

3.MZプラットフォームをダウンロード(無料)。

4.MZプラットフォームをPCにインストール
※インストール方法詳細につきましては、「インストールガイド.pdf」をご覧ください。

(インストールガイドは、下記よりもご確認いただけます。)

(ダウンロード後の)
①ダウンロードファイル解凍後のxxフォルダ内
(インストール後の)
②(MZプラットフォームインストール先フォルダ)\MZPlatform\x.x(バージョン番号)\docs\manualフォルダ内
③[スタートメニュー]>[プログラム]または[すべてのプログラム]>[MZ Platformx.x(バージョン番号)]>[ドキュメントインデックス]でHTML表示されるページ左上方

※初めてご使用になる場合は、インストール後、[スタートメニュー]>[プログラム]または[すべてのプログラム]>[MZ Platformx.x(バージョン番号)]>[ドキュメントインデックス]より、開発チュートリアル【入門編】、【基礎編】、【応用編】を順にご覧ください。

5.ライセンス申請
「ライセンス申請ファイル」をメール添付で、
mzlicense-ml@aist.go.jp
まで送信してください。
※ライセンス申請メールの件名は、会員登録時のメールアドレスを入力してください。
※本サイトへログイン後、「会員メニュー」>「ライセンス申請」のページからも
ライセンス申請可能です。

※PCにインストール後、1か月間はライセンス申請を行わなくても試用にて、ご利用可能です。
※ライセンス申請ファイルの生成及び申請方法詳細につきましては、インストールガイドの「6.1.ライセンス申請手順」(P.14~16)をご覧ください。

※既に、旧バージョン(Ver.1.0~3.4)をお使いで、ご使用環境に特に変更のない方は、再度ライセンス申請を行う必要はございません。旧バージョンのライセンスファイルを新バージョンへインポートし、そのままご利用いただけます。
MZプラットフォームのビルダーを起動すると、ライセンス管理画面が表示されます。[旧バージョンライセンス取込]ボタンを押し、旧バージョンのライセンスが導入してあるフォルダを指定します。[取込]ボタンを押し、指定したフォルダからライセンス情報を取り込みます。
(詳しくは、インストールガイドの「6.2.旧バージョンのライセンス取り込み」(P.19~20)をご覧ください。)

6.ライセンス発行
ユーザー会より、メール添付で、「5.」でお送りいただいた「ライセンス申請ファイル」
に対応する「ライセンスファイル」を送信致します。
※ライセンスファイルの取り込み方法等につきましては、インストールガイドの
「■手順4:ライセンス登録」(P.17~18)をご覧ください。

ご利用開始

 新規会員登録の手順(PDFファイル:753kb)

※PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。

個人情報の取扱いについて


 MZプラットフォームを利用して作成したアプリケーションの販売やコンサルタントなど、営利活動を行う場合には、産総研 技術移転担当部署と技術移転契約を締結する必要があります。

技術移転契約締結先企業一覧

  みずほ情報総研株式会社 様
  吉玉精鍍株式会社 様
  熊本ソフトウェア株式会社 様
  株式会社戸上電機ソフト 様
  株式会社ベリテ 様
  株式会社C&Gシステムズ 様
  株式会社デジタルコラボレーションズ 様
  スマーテック株式会社 様


 利用手順について、ご不明な点等がございましたら、
どうぞお問い合わせフォームよりお問い合わせください。